分光光度計 NanoDrop 1000

機関 筑波大学
施設名 研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室(UTOF):医学医療系 医学共通機器室
メーカー Thermo Fisher Scientific
型式 NanoDrop 1000
用途
仕様(特徴・詳細)

本装置は、キュベットを用いずに最少 1 µLのサンプルボリュームで測定できる分光光度計である。
220~750 nmの波長範囲をフルスキャンし、希釈の手間を省くために吸光度範囲は0.02~75 Abs (光路長10 mm換算) である。
ソフトウェアには核酸測定やタンパク測定などのアプリケーションが含まれている。

詳細リンク先 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先

筑波大学研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室
利用相談フォームより、お問合せください。

備考
施設画像
検索キーワード