近赤外蛍光イメージングシステム (ODYSSEY CLx)

機関 筑波大学
施設名 研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室(UTOF):医学医療系 医学共通機器室
メーカー LI-COR
型式 ODYSSEY CLx
用途
仕様(特徴・詳細)

(基本仕様)
近赤外蛍光スキャナーシステム
検出方式: アバランシュフォトダイオード
スキャンエリア: 25 cm × 25 cm
ダイナミックレンジ: 4桁(マニュアルモード選択時)、6桁 (オートモード選択時)
光源: 685 nm, 785 nm 固相レーザー
解像度: 21 – 337 µm

(特徴)
ODYSSEY CLx システムは生物由来の夾雑物やゲル、ガラスプレートなどターゲット以外の様々な物質による自家蛍光が低レベルの為、2 Color ウエスタンブロットをはじめ、ゲルシフトアッセイ、セルベースアッセイ、CBB染色ゲル観察、切片観察など様々なアプリケーションにおいて検出感度と定量性の良いデータを提供します。
特にウエスタンブロットアプリケーションでは、時間経過により減衰のない安定したシグナル強度とハウスキーピングタンパクやトータルプロテインによるターゲットバンド補正により、信頼性および再現性高いデータを容易に得ることができます。

詳細リンク先 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先

筑波大学研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室
利用相談フォームより、お問合せください。

備考
施設画像
検索キーワード