遠心濃縮機 CC-105

機関 筑波大学
施設名 研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室(UTOF):医学医療系 医学共通機器室
メーカー Tomy Seiko
型式 CC-105
用途
仕様(特徴・詳細)

遠心力によって突沸を押さえながら液体試料の減圧濃縮・減圧乾燥を行う装置です。

♦ 3つの組み合わせで濃縮時間を短縮
・ 加熱濃縮モード:400Wバンドヒーターを採用
・ ソリッドモーター:熱伝導効果で短時間濃縮が可能
・ エアーモード:外気導入運転を併用することにより加熱効率をアップ
♦ 遠心条件を登録できる便利なメモリー機能
・ 使用頻度の高い遠心濃縮条件を2つまで登録可能。前回の運転条件も記憶
♦ 酸やアルカリにも優れた耐蝕性
・ シール性の高いマグネットドライブ方式を採用
・ チャンバー内をテフロンコーティング
♦ 突沸や発砲なしの安心機能
・ 真空ポンプとの連動方式とスロースタート機能を採用

所有ローター
型式 / 最高回転数 / 容量
TCA-6 / 1,400rpm / 1.5mL×60本

詳細リンク先 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先

筑波大学研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室
利用相談フォームより、お問合せください。

備考
施設画像
検索キーワード