マルチプレックスアッセイシステム Luminex 200

機関 筑波大学
施設名 研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室(UTOF):医学医療系 医学共通機器室
メーカー Merck Millipore
型式 Luminex® 200 Multiplexing Instrument
用途
仕様(特徴・詳細)

Luminex 200は、xMAP (Multiple Analyte Profiling) テクノロジーを用いたマルチプレックスアッセイシステムである。
このシステムは、細胞または生体内に存在する多種類のタンパク質を、1ウェル当たり最大100種類まで同時に検出することが可能なイムノアッセイ法で、多項目ELISAとも呼ばれる最新技術を用いている。
血清、血漿、培養上清、細胞、組織等のサンプルから、複数のタンパク質を同時に短時間で検出することが可能である。
幅広いラインナップの専用試薬の使用により、細胞シグナル伝達タンパク質やサイトカイン量、糖尿病・肥満・代謝内分泌・心血管・がん・免疫・炎症・骨代謝などの疾患に関わるタンパク質の発現解析を簡単に短時間で解析することができる。

詳細リンク先 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先

筑波大学研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室
利用相談フォームより、お問合せください。

備考
施設画像
検索キーワード