テープ型電気泳動システム

機関 筑波大学
施設名 研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室(UTOF):医学医療系 医学共通機器室
メーカー Agilent Technologies
型式 2200 TapeStation
用途
仕様(特徴・詳細)

Agilent 2200 TapeStationシステムは、次世代シーケンサー、マイクロアレイ、qPCR、タンパク質精製・抗体産生等における多検体サンプルのquality control (QC) に最適なシステムです。
クレジットカードサイズで使い捨てのAgilent ScreenTapeを使用し、DNA、RNA、タンパク質のアプリケーションに対応した分析を提供します。
サンプルのロード、電気泳動、データ解析を全自動で行い、データを取得することができます。サンプル分析は、これまでにないほど簡単で、装置に ScreenTape、ピペットチップ、サンプル (8 連チューブまたは 96 ウェルプレート) をセットするだけです。
1 サンプルあたりおよそ 1 分で、結果を得ることができます。

詳細リンク先 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先

筑波大学研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室
利用相談フォームより、お問合せください。

備考
施設画像
検索キーワード