オールインワン蛍光顕微鏡 BZ-X710[No.1]

機関 筑波大学
施設名 研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室(UTOF):医学医療系 医学共通機器室
メーカー Keyence
型式 BZ-X710
用途
仕様(特徴・詳細)

暗室不要で省スペースながら、マウスだけで操作のできるフル電動制御のオールインワン蛍光顕微鏡。
モノクロ・カラー冷却CCDや大型電動ステージなどの先進的なハードウェアを搭載。
特別な技術、調整を必要とせず、誰でも手軽に鮮明な画像を撮影でき、定量化をはじめとした高度な解析が行えます。

・ ステージに置くだけでどこでも自由に観察可能。マルチウェル全面観察対応の大型電動ステージ搭載。
・ 最大50,000×50,000ピクセル。標本全体を高解像度で撮影できる、高解像度画像連結機能。
・ 明視野画像も、位相差画像も、蛍光画像も高精度に定量化。高い信頼性を誇るハイブリッドセルカウント。

※ウェルプレートやディッシュにも対応可能な位相差レンズを装着しています。

詳細リンク先 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先

筑波大学研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室
利用相談フォームより、お問合せください。

備考
施設画像
検索キーワード