デジタルPCR QX200

機関 筑波大学
施設名 研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室(UTOF):医学医療系 医学共通機器室
メーカー Bio-Rad
型式 QX200 Droplet Digital PCR System
用途
仕様(特徴・詳細)

QX200 Droplet Digital PCR (ddPCR™) システムは、EvaGreen またはプローブを用いたデジタル PCR アプリケーションに対応した、ターゲット DNA または RNA 分子の絶対定量を実現します。
・広範囲の用途に対応した高精度かつ高感度なデジタル PCR ソリューション
・柔軟性に優れたデジタル PCR のケミストリー — TaqMan プローブおよび EvaGreen アッセイ用に対応
・柔軟なアッセイの設計が可能 — 高感度または高スループットに向けての高い拡張性
・1 ランで 96 サンプルという高いスループット、シンプルなワークフロー
・QX200 Droplet Digital テクノロジーによるドロップレットへの反応溶液の分配が、増幅効率と PCR 阻害剤からのバイアスを低減
・便利なアッセイデザイン — 検量線が不要

詳細リンク先 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先

筑波大学研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室
利用相談フォームより、お問合せください。

備考
施設画像
検索キーワード