DNAシーケンサー 3500

機関 筑波大学
施設名 研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室(UTOF):医学医療系 医学共通機器室
メーカー Thermo Fisher Scientific
型式 Applied Biosystems® 3500 Genetic Analyzer
用途
仕様(特徴・詳細)

<仕様>
3500装置は、広範囲のアプリケーションに対応しています。ほとんどのアプリケーションは1種類のポリマーと1種類のキャピラリーアレイ(8本キャピラリー)の組み合わせで実施することができます。
この装置には、高性能の固体レーザーが用いられており、設置面積の縮小化や、排熱による影響の軽減が可能となっています。さらに、装置の大きさを最小化し、最小の設置スペースで最大のパフォーマンスを上げることが可能となりました。

<特徴>
・装置間、各ラン間、そしてキャピラリー間のシグナルの均一性を大幅に改善
・DNA フラグメント解析では、最多6種類のユニークな蛍光色素を用いた高度なマルチプレックス化が可能
・アプリケーションの柔軟性 ― 1種類のキャピラリーアレイと1 種類のポリマーでほとんどのアプリケーションに対応可能
・これまでのDNA シーケンサーの中で最も簡便なセットアップ、オペレーション、メンテナンス

詳細リンク先 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先

筑波大学研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室
利用相談フォームより、お問合せください。

備考
施設画像
検索キーワード