次世代シーケンサー用全自動前処理装置 Ion Chef System

機関 筑波大学
施設名 研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室(UTOF):医学医療系 医学共通機器室
メーカー Life Technologies
型式 Ion Chef System
用途
仕様(特徴・詳細)

Ion Chef™は、テンプレート調整・濃縮、テンプレートISP (Ion sphere particle) の半導体Chipローディングを全自動で行う機器である。1度のランで2枚の半導体Chipのローディングを行う。ローディング済みの半導体chipは4.5時間まで保存できるため、1枚目のシーケンス終了後に、2枚目のシーケンスを連続実施できる。

・ テンプレート増幅とチップローディングを完全自動化することにより、Ion PGM™ システムのワークフローをシンプル化
・ 操作の熟練度に依らず安定したチップローディングを可能にし、バーコード認識可能なサンプル、チップ、試薬により誤操作を防ぐ
・ 15 分のセットアップだけで、あとの操作を完全自動化し、時間と労力を大幅に削減。
・ イオントレントのすべての半導体チップとシーケンシング反応、Ion AmpliSeq™ ライブラリーおよびフラグメントライブラリー(バーコード含む)に対応

関連試薬は、Ion OneTouch™ 2用試薬とは異なります。200baseシーケンス用のみの対応となります。

詳細リンク先 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先

筑波大学研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室
利用相談フォームより、お問合せください。

備考
施設画像
検索キーワード