パワーデバイス特性評価装置 B1505A

機関 筑波大学
施設名 研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室(UTOF):数理物質系
メーカー Agilent Technologies, Inc.
型式 B1505A
用途
仕様(特徴・詳細)

特徴
・ 高電圧・高電流を扱うパワーデバイスの印加電圧に対する流れる電流の特性を計測する装置です。パワーデバイスをサブpAレベルから3000V/40Aまで正確に評価・解析できます。

・ サブpAレベルから1500A/10kVの電圧・電流測定さらには最大3000Vのバイアス電圧印加下での容量測定ができます。

・ オン抵抗測定や耐圧試験の他、Ciss(入力容量)、Coss(出力容量)、Crss(帰還容量)などの容量測定が可能です。

・ Si以外にも、SiC、GaN、ダイヤモンドといった新しい半導体材料を用いたパワーデバイスの電気的特性が評価できます。

仕様
・ 電圧・電流特性: 印加電圧 3000V、電流 20A(パルスモード).
・ 容量・電圧特性: 測定周波数 1kHz ~ 5MHz、最小分解能: 1mHz.

詳細リンク先 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先

筑波大学研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室
利用相談フォームより、お問合せください。

備考
施設画像
検索キーワード パワーデバイス特性評価装置 パワーデバイス