超高温炉 SR1800TS

機関 筑波大学
施設名 研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室(UTOF):数理物質系
メーカー THERMO RIKO CO., LTD.
型式 SR1800TS
用途
仕様(特徴・詳細)

特徴
・ 真空中で試料加熱を行うことができ、最大昇温速度は300℃/sec、1800℃まで30秒以内で到達することができます。

・ 昇温速度、熱処理時間等をプログラムすることが可能なため、詳細な熱処理条件の設定ができます。

・ 装置内へのガス導入にも対応していますので、真空のみならず、様々な雰囲気下での熱処理が可能です。

・ 試料ホルダーはグラファイト製に加え、石英製も備えられておりますので、酸化性雰囲気での熱処理も可能です。

仕様
加熱方式:赤外線導入加熱方式、最高到達温度:1800℃、最大昇温速度:300℃/sec、最大到達真空度:5 x 10-5 Pa、加熱面積:φ15mm.

詳細リンク先 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先

筑波大学研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室
利用相談フォームより、お問合せください。

備考
施設画像
検索キーワード 超高温炉