極低温プローブステーション CMPS-308-4K-6P-20

機関 筑波大学
施設名 研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室(UTOF):数理物質系
メーカー Toki Commercial Co., Ltd.
型式 CMPS-308-4K-6P-20 
用途
仕様(特徴・詳細)

特徴
・ 安全かつ簡便に極低温の測定環境を実現する極低温プローバーです。機械式冷凍機を用い、液体冷媒を一切使用せず、必要な時に温度域 4K台~300Kの測定環境を得ることが出来ます。

・ さまざまな試作デバイスを極低温(数K)から室温に至る広い温度領域での電気特性を低ノイズ状態で測定できます。極低温下で動作するデバイスの原理解明や新たなデバイス作製のお役に立ちます。

・ パワーデバイス特性評価装置(B1505A)を接続することにより、C-V特性の測定もできます。また、ご使用者様が測定装置を持ち込むことも可能ですので、使い慣れた計測機器での測定もできます。

仕様
・ 温度安定性:±0.2K以下、電流ノイズ:±50fA以下、リーク電流:±50fA以下、ホルダー振動値:±2μm以内.
・ 常設測定器:B2912A (2ch SMU, 10fA, 210V).

詳細リンク先 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先

筑波大学研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室
利用相談フォームより、お問合せください。

備考
施設画像
検索キーワード 極低温プローブステーション 低温 プローブ