プラズマ質量分析装置(ICP-MS)

機関 筑波大学
施設名 研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室(UTOF):研究基盤総合センター分析部門
メーカー パーキンエルマー
型式 ELAN DRC-e
用途
仕様(特徴・詳細)

高周波誘導結合プラズマ誘導結合プラズマを利用する質量分析法。アルゴンプラズマ導入してイオン化させた試料を質量数毎に分離し、そのイオン数をカウントすることで試料に含まれる元素種の同定と定量が行えます。また、元素の同位体比分析を行うことも可能です。元素の装置検出下限値は0.1ppt~10pptと極めて高感度な測定が行えます。

詳細リンク先 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先

筑波大学研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室
利用相談フォームより、お問合せください。

備考
施設画像
検索キーワード プラズマ質量分析 プラズマ ICP ICPMS MS