加速器質量分析(Accelerator Mass Spectrometry : AMS)

機関 筑波大学
施設名 研究基盤総合センター応用加速器部門(UTTAC)
メーカー National Electrostatics Corporation (NEC), USA
型式 NEC製6MV AMSシステム・MC-SNICS 40・Gas MC-SNICS 40
用途

・年代測定
・微量核種トレーサー研究
・地球環境研究
・環境動態調査
・産業応用研究
・創薬研究
・生体・食品検査
・中性子換算線量の算出

仕様(特徴・詳細)

試料をスパッタしてイオン化・加速し、磁場によって質量数ごとに分離することで、試料構成原子の同位体比を測定します。
極微量放射性核種の同位体比測定に威力を発揮します。

主な対象核種:
10Be, 14C, 26Al, 36Ci, 41Ca, 129I
同位体比検出下限:10-15

詳細リンク先 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先

筑波大学
研究基盤総合センター応用加速器部門、外部利用窓口
〒305-8577 茨城県つくば市天王台1-1-1
電話:029-853-2492(応用加速器部門事務室)
FAX:029-853-2565
e-mail: kyoyo-staff[@]tac.tsukuba.ac.jp
(メールでお問い合わせ頂く際は[ ]を外してメールしてください)

備考

2014年9月運用開始

施設画像
検索キーワード