フェムト秒レーザー装置(IFRIT)

機関 物質・材料研究機構(NIMS)
施設名 材料分析ステーション(MAS)
メーカー
型式 IFRIT
用途

レーザーアブレージョンによる固体試料の微粉化とサンプリング

事例集: http://www.nims.go.jp/infrastructure/cases.html ⇒ 材料創製・加工ステーション 材料加工グループ をご参照下さい。

 

仕様(特徴・詳細)

1.フェムト秒レーザー発振器⇒ピーク波長:790nm±30nm、レーザーパルス幅:250ft秒以下、繰返し周波数:0.1~1000Hz、パルスエネルギー:1mJ以上、第3高調波:約260nm、2.ガルバノ光学系⇒光学系可動範囲:□20mm、3.観察系⇒CCDカメラ

 

詳細リンク先 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先

chukaku[@]nims.go.jp(お問合せ頂く際は[ ]を外して下さい)

技術開発・共用部門事務統括室

TEL029-860-4939

〒305-0047つくば市千現1-2-1

備考
施設画像
検索キーワード レーザー アブレージョン 加工 微細化 フェムト秒