誘導結合プラズマ発光分析装置(マルチ型)(720 ICP-OES)

機関 物質・材料研究機構(NIMS)
施設名 材料分析ステーション(MAS)
メーカー アジレントテクノロジー
型式 720 ICP-OES
用途

1.金属・セラミックス・有機物など溶液化可能な、あらゆる試料の精密元素分析、2.公定法分析への対応、3.溶液化した未知試料の定性分析

仕様(特徴・詳細)

1.プラズマ観測方向:アキシャル、2.分光器:エシェルクロス分散ポリクロメータ、波長範囲:167~785nm、窒素パージシステム、3.検出器:CCD検出器、4.ICP部⇒プラズマ:Ar、周波数:40MHz、RF出力:~1500W。

①多波長同時測定による高速測定(世界最速)、②軸方向測光で、多波長同時マルチキャリブレーション機能により低濃度溶液から高濃度溶液を希釈なしで測定可能、③元素の検出下限濃度ppbレベル以下

 

詳細リンク先 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先

chukaku[@]nims.go.jp(お問合せ頂く際は[ ]を外して下さい)

技術開発・共用部門事務統括室

TEL029-860-4939

〒305-0047つくば市千現1-2-1

備考
施設画像
検索キーワード 誘導結合プラズマ 発光分析 分光 元素分析 ICP 公定法