誘導結合プラズマ発光分析装置(シーケンシャル型)(ICPS8100CL)

機関 物質・材料研究機構(NIMS)
施設名 材料分析ステーション(MAS)
メーカー
型式 ICPS8100CL
用途

1.金属・セラミックス・有機物など溶液化可能なあらゆる試料の精密元素分析。2.公定法分析への対応。3.溶液化した未知試料の定性分析。

仕様(特徴・詳細)

分光器⇒1.ツェルニターナ型、2.光電子倍増管検出器、3.測定波長範囲:第1分光器135~372nm、第2分光器250~426nm、426~850nm、ICP光源⇒アルゴンプラズマ、出力:~1.8MHz

①高いスペクトル分解能を有する逐次測定、②縦方向測光により低濃度溶液から高濃度溶液を測定可能、③高マトリックス溶液に対する堅牢性が高い、④極短波長測光によりCl、Brの測定可能、⑤元素の検出下限濃度ppbレベル以下

詳細リンク先 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先

chukaku[@]nims.go.jp(お問合せ頂く際は[ ]を外して下さい)

技術開発・共用部門事務統括室

TEL029-860-4939

〒305-0047つくば市千現1-2-1

備考
施設画像
検索キーワード 誘導結合プラズマ 分析 公定法 元素