クライオコイルMASプローブ

機関 物質・材料研究機構(NIMS)
施設名 強磁場ステーション(TML)
メーカー
型式
用途

対応核種:31P、7Li、13C、29Si、23Na、11B、6Li、15N等。コイル冷却によるS/N比の向上を固体NMRで実現。

仕様(特徴・詳細)

・感度:従来機の約4倍、・チューニングレンジ:30MHz-190MHz(@9.40T)、・試料回転速度:~18,000回転/sec(4φ試料管)

詳細リンク先 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先

chukaku[@]nims.go.jp(お問合せ頂く際は[ ]を外して下さい)

技術開発・共用部門事務統括室

TEL029-860-4939

〒305-0047つくば市千現1-2-1

備考
施設画像
検索キーワード クライオコイル MASプローブ 磁場 分析