15T超伝導スプリットマグネット装置

機関 物質・材料研究機構(NIMS)
施設名 強磁場ステーション(TML)
メーカー
型式
用途

臨界電流測定、磁気抵抗測定等。横磁場中に温度可変デュワーを挿入することによって、1.5Kから150Kまでの範囲で測定が可能である。

仕様(特徴・詳細)

中心磁場:15T、ヘルムホルツ型、クリア径:44mm、クリアスプリット:34mm

詳細リンク先 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先

chukaku[@]nims.go.jp(お問合せ頂く際は[ ]を外して下さい)

技術開発・共用部門事務統括室

TEL029-860-4939

〒305-0047つくば市千現1-2-1

備考
施設画像
検索キーワード マグネット 磁石 磁場中測定 磁気抵抗 臨界電流