高速レーザーラマン顕微鏡

機関 物質・材料研究機構(NIMS)
施設名 分子物質合成プラットフォーム(MMSP)
メーカー ナノフォトン
型式 RAMANplus
用途

高速ラマンイメージングおよび表面形状計測。ライン照明とレーザービーム照射を組み合わせることにより、高速かつ高画質なラマン画像取得が可能。

仕様(特徴・詳細)

光学顕微鏡 ニコン製
スキャナー ガルバノメーターミラーによる高速X-Yイメージング試料ステージによるZ軸方向走査。
ステップ幅50nm。
光スポット高速走査のライン照明、または光学的にビームシェイプしたライン照明を切り替え可能。
レーザー 532nmレーザーおよび785nmレーザー
分光器 自動で3つのグレーティングを切り替え可能
非点収差を除去したイメージング用分光器
1um毎に幅調整可能なスリット(10 ~ 1000um)
焦点距離:500mm
精度:0.2nm(繰り返し精度:0.05nm)
電子冷却CCD検出器 1340×400画素
冷却温度:-70℃
100kHzと2MHzのピクセルレート
16ビットのダイナミックレンジ
ラマン顕微鏡性能 視野範囲:90×120um
空間分解能 X方向:350nm, Y方向:800nm
分光分解能:1.6cm-1
ラマンシフト検出範囲:80 ~ 4000cm-1
(注)x100 0.9NA 対物レンズ および 1200/mmグレーティング使用時
反射コンフォーカル顕微鏡 光源:ラマン顕微鏡と同じ
受光素子:ラインCCD
繰り返し精度(σ):20nm
高さ方向測定範囲:20mm

ラマン分光の原理
http://www.nanophoton.jp/raman/about.html

詳細リンク先 詳しくはこちらをご覧下さい
問合せ先

NIMS分子・物質合成プラットフォーム事務局
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL:029-859-2399
e-mail: SML-office@nims.go.jp

備考

分子・物質合成プラットフォーム

施設画像
検索キーワード