計測用装置群:E2の装置一覧

機関名 施設名 装置名称/手法 仕様 用途
産業技術総合研究所(AIST) ナノプロセシング施設(NPF) 二次イオン質量分析装置(D-SIMS) 試料にイオンを照射し、試料表面からスパッタリング放出される二次イオンを質量分析することによって深さ方向の元素分布情報を得る分析手法です。固体表面の検出感度が高く、1H...

計測

物質・材料研究機構(NIMS) 微細構造解析プラットフォーム(NMCP) 飛行時間型二次イオン質量分析装置(PHI TRIFT V nanoTOF) 固体試料の最表面に存在する成分(原子、分子)を調べるための装置。ppmオーダーの極微量成分を検出することができ、無機物にも有機物にも適用可能。分析用にBiクラスターイオン...

固体試料の最表面に存在する成分(原子、分子)を調べるための装置。ppmオーダーの極微量成分を検出することができ、無機物にも有機物にも適用可能。分析用にBiクラスターイオンビームを使用し、空間分解能:<100nm(低質量分析時),11,000(低質料分子イオン),>15,000(高質量分子イオン)を実現。CCDTVまたはSEM像で分析位置を決定し、高質量分解能スペクトル測定、原子・分子イオンの2D分析、深さ方向分析、3D分析が可能。

物質・材料研究機構(NIMS) 微細構造解析プラットフォーム(NMCP) 走査型ヘリウムイオン顕微鏡(ORION Plus) 原子スケールイオン源、回折効果の極小化(スポットサイズをサブナノメートルまで絞ることが可能)等により、世界で初めてサブナノメートルの分解能を実現した走査型イオン顕微...

原子スケールイオン源、回折効果の極小化(スポットサイズをサブナノメートルまで絞ることが可能)等により、世界で初めてサブナノメートルの分解能を実現した走査型イオン顕微鏡。 高元素識別性(“マトリックスコントラストがつきやすく、元素を識別したイメージングが可能)、低損傷性、絶縁体高観察能力、大焦点深度等の長所を有する。イオンビームによるナノスケール加工も可能。

物質・材料研究機構(NIMS) 微細構造解析プラットフォーム(NMCP) 走査電子顕微鏡(JEM-7000F) サーマルFEGを装備した走査電子顕微鏡(最小絞りのまま高倍率観察からEDS分析、EBSD解析が可能)。EDSシステム装備。加速電圧:0.5~30kV。試料サイズ、材質の制約が少なく、汎...

試料サイズ、材質の制約が少なく、汎用性の高い走査電子顕微鏡。EDSシステムにより、元素分析や元素マップを得ることができる。

物質・材料研究機構(NIMS) 材料分析ステーション(MAS) イオンクロマトグラフシステム 1.水溶液中の陰イオンを高感度・高精度に定量可能、 2.電解再生サプレッサーによるバックグラウンドノイズの軽減、 3.オートサンプラーによる溶液の希釈機能搭載、等 

1.水溶液中(環境水)に含まれる陰イオンの同定・定量、2.排気ガス中に含まれる硫黄酸化物、窒素酸化物及び塩化水素の定量、 3.鉄鋼用アルミニウムドロス、コンクリート、紙、板紙及びパルプ中塩化物イオンの定量、等

 

筑波大学 研究基盤総合センター応用加速器部門(UTTAC) 高分解能イオンビーム表面分析(High-Resolution Ion Surface Analysis) 試料表面によって散乱された高速イオンのエネルギーを電磁石とイオン位置検出器を用いて精度よく測定することで、試料最表面の元素分布を精度良く分析します。物質表面(1~5層...

原子層レベルの成分等を制御した機能性薄膜の分析など

筑波大学 研究基盤総合センター応用加速器部門(UTTAC) 陽子弾性散乱同時計数水素分析(Elastic Recoil Coincidence Spectrometry : ERCS) 高速陽子と物質中軽水素原子核(陽子)の衝突によって放出される陽子の同時計測による、試料中水素の高精度分析法です。物質中の(軽)水素の分析深さ方向分布の測定非破壊測定...

・材料科学
・環境科学
・医科学
・地球科学試料の水素濃度
・水素貯蔵物質のその場観察

筑波大学 研究基盤総合センター応用加速器部門(UTTAC) 核反応分析(Nuclear Reaction Analysis : NRA) 高速イオンが物質中の特定の原子核と反応しやすいことを利用して、試料中の特定の元素を検出します。物質中の軽元素同位体の分析・深さ方向分布の測定・非破壊測定・分析可能深...

・材料科学
・環境科学
・医科学
・基礎科学

筑波大学 研究基盤総合センター応用加速器部門(UTTAC) 粒子線励起X線分析(Particle Induced X-ray Emission : PIXE) 試料に高速イオンを照射した際に放出される特性X線のエネルギーを測定することで、試料を構成する元素を分析します。物質中の元素(特に微量元素)分析・対象元素:およそNaから...

医学・生物学
環境科学
地球科学
文化財
考古学
・岩石中流体包有物中の微量元素分析

筑波大学 研究基盤総合センター応用加速器部門(UTTAC) 弾性反跳原子検出分析(Elastic Recoil Detection Analysis : ERDA) 高速イオンを試料に照射し、反跳された試料中原子のエネルギーを測定することで、試料を構成する元素を分析します。物質内の元素分布の測定(水素などの軽元素)非破壊測定薄膜...

・薄膜中水素の分析
・有機系材料の表面分析

1 / 212